ホーム > 注目 > カジノは日本でやるべきなのかどうか

カジノは日本でやるべきなのかどうか

カジノ法案について依存症の患者

が依存症対策が不完全だと反対を

しているというところがあるようです。

 

対策はもちろん必要だと思いますが

単純に反対すべきものなのか。

 

ネット上のコメントを見てみますと

 

パチンコ依存するよりまだきちんと法を定めたカジノの方がマシだし、

カネの行き先も日本の国庫に収まって多少は有意義じゃないかって

感じがする。

 

競馬もパチンコも宝くじもそうだけど結局国はお金が欲しいんだよ。だから多少の依存症や治安のリスクは関係ないんでしょ。

 

【パチンコ・カジノの弊害】

一、ギャンブル依存症を誘発し、本人やその家族の人生を大きく狂わせる。

二、パチンコ店やカジノ店が開店すると、大抵、付近の治安や景観が悪化してガラが悪くなり、周辺の商店が寂れてしまう。

三、金と時間とを大量に浪費する上、スポーツや芸術鑑賞等と違い能力向上や教養が身に付かず人脈も広がらない。パチンコやカジノを常習的にやっていると、人間関係が希薄で人格的魅力もなくなってしまう (パチンコ店でたむろしている者達を見れば一目瞭然である。そこにカジノが加わればどうなるかはお分かりだろう)。

 

パチンコができなくなれば、自然にカジノに流れる。

当然、経営者も鞍替(くらが)えする。

もちろん、議員は「カジノマネー」「カジノ利権」にしがみつく。

結局、パチンコとそっくりそのままになってしまう。

 

そして…この国は崩壊し、国民は誰も居なくなる…

 

誰がこんな未来を望むだろう。

 

 

今頃、ギャンブル依存症とか言ってる連中は全く目の前の現実が見えていない。

一体、どれだけの公営賭博があるか、ほぼ100%の店舗が不法営業のパチンコ屋も公然と存在している事実を見て欲しい。

必要なのは、法律だけじゃなく、それを監督する団体の実行力と規定。

今のやりたい放題のパチンコ屋の二の舞にならないようにすることが大事だし、暴力団等の対策も必要。

依存症を心配するのは構わないが、先にもっと考えなきゃならない問題が山積みなんだから。

やるならしっかりやって欲しい。

 

 

このような意見が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Meets Company(ミーツカンパニー)2chでの評判は??


関連記事

カジノは日本でやるべきなのかどうか
カジノ法案について依存症の患者 が依存症対策が不完全だと反対を しているというと...
リフォームの事を相談するなら
リフォームの事を相談するなら、 住まいるハウスみたいな リフォーム会社に話を聞く...